So-net無料ブログ作成

思わせぶりな写真

2014111301.jpg

新宿のプレイスMで藤岡亜弥さんの展示を見る。
以前に赤々舎で展示を見て以来のファンなので、今回も楽しみに見に伺うことができた。今年はじめの銀座ニコンでの展示「Life Stydies」の続編ということで、前回展示と同じくニューヨークで撮影されたもの。

ニューヨークのスナップではあるが、私写真としての要素が大きく、一枚一枚に写る場所や、被写体と作者の関係性も謎めいていて、考えても分からないから見ていてモヤモヤする。(良い意味で)

モノクロの写真の中に、ハーフサイズで撮影されたネガで、1枚の中に連続した2コマがプリントされた写真を見て、デジャブという言葉が思い浮かんだ。一度見た光景が「この感じどこかで見た」とハッして、もう一度振り返って見ているような気分になった。

それにしても、藤岡さんの写真って「思わせぶり」だと思う。

人って物事を理解するときに、自分の記憶とか概念と照らし合わせるワケだけど、
写真は100%説明してくれるワケではないから、見る側はその写真が何なのかを理解しようと必死に考える。

例えば、笑っている人の写真があったなら「楽しいんだね」で終わってしまうかもしれない。カフェで撮ったお菓子の写真なら「おいしそうだね」と100%説明してしまい、観る人の考える余地が無い。

しかし一方で、無表情のポートレート写真があって「この人は怒っているのか、悲しんでいるのか、何を思っているのか」と観る人は考える・・・自分の記憶や概念と照らし合わせながら。でもやっぱり分からないから、見た後もモヤモヤするし、記憶に残るんだろうな。

そうやって情報とかヒントを小出しにしながら、観る人を自分の世界に引き込んでいく。藤岡さんの写真はそういう写真だと思う。

最近写真撮ってるの?と聞かれたので、撮り溜めていますとは言ったけれど・・・。言うほど撮っているワケでもないが、僕もそろそろ形にまとめてみたいなと思った。

ところで藤岡亜弥さんの、妹のちささんは絵本作家さん。(クッキー箱のリスの絵の方です) ちょうど伊勢丹で個展をされているとのことで帰りに立ち寄って見てきた。とてもほっこりした気持ちになった。
| 写真展巡り | Comments(0)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。